事業案内(法人様向け)

フロン排出抑制法

管理者に求められる点検

全ての管理者は、日常的な温度点検や外観検査等<簡易定期点検>を、「一定規模以上の業務用機器」については専門家による冷媒漏えい検査<定期点検>を行う必要があります。



漏えいが確認された場合

漏えいが確認された場合は、可能な限り速やかに冷媒の漏えい箇所を特定し、充塡回収業者に充塡を依頼する前に、漏えい防止のための修理等を義務づけており修理を行うまでは原則として冷媒の充塡が禁止されています。



フロン回収破壊処理も承ります



ページトップへ戻る

お問い合せ